喧嘩発生!死ぬほど嫌ではないなら許せるかも|ブライダル情報センター 東京サロンブログ

ベテラン婚活アドバイザーのブログベテラン婚活アドバイザーのブログBIC STAFF BLOGベテラン婚活アドバイザーのブログ

結婚

BICスタッフブログ > 結婚 > 喧嘩発生!死ぬほど嫌ではないなら許せるかも

喧嘩発生!死ぬほど嫌ではないなら許せるかも

2019年10月21日 (月)
カテゴリー: 結婚

東京の結婚相談所アドバイザーのAです。

結婚相談所で出会えば喧嘩もしない?

結婚相談所では前もって条件を提示しているし、
お見合いしてお互いのことを理解して受け入れているから
喧嘩しにくい?
とんでもございません。
「私と喧嘩しない人」なんて条件ないですし、
お見合いすれば必ず理解し合えるというものでもありません。
相談所は効率よく結婚したい人同士が出会えるだけであって、通常の恋愛結婚と同じなんです。
そこを誤解している方が多いこと多いこと。
もう恋愛して付き合って結婚まで育んでっていう流れに自信がない人が、愛のない結婚の道を選んだかのような誤解。
違います。

恋愛をして愛をはぐくんでいくにあたり、どんな男女であっても意見のぶつかりは必ず起こります。

完璧な人間なんていないし、全く同じ価値観なんてありえないのです。
そもそもまず喧嘩は悪いものではありません。
お互いの気持ちがぶつかり合って初めて知ることが出来るし、さらに絆が深まるもの。
しかし、あと引くものや、関係を壊してしまう喧嘩も存在します。

喧嘩は捉え方が大事

では、喧嘩になった後にどのようにすれば「この人とは関係を続けていきたい、長く一緒にいられるな」と思われるのでしょうか。
長続きの為には良いところをたくさん見つけると良いという説もありますが、
私の考え方としては一生変わらず好きなポイントは一つあればよいと思います。
逆に死ぬほど嫌な部分がないというほうが長続きの秘訣かと。
あえて良いところを探さなきゃいけないというよりも直感のような感じでしょうか。
向かい合って喧嘩をしたり、そっぽを向いてトラブルが起きたり。
そんな時にはどうしても許せない部分をフォーカスしがちです。
しかし、それが死ぬほど嫌な部分ではないのなら、喧嘩と直接関連させないで済むのではないでしょうか。
そんな時にこそ好きな部分を思い出す、、、というのは頭に血が上っている時には難しそうなので、
相手が好きな自分のポイントを思い出すようにする作戦はいかがでしょうか。
うぬぼれていてもいいんです。変わらずこの部分は好きでいてくれているはずと信じるんです。
それが相手を思いやる事にもつながります。
相手からの愛を信じていることにもなり、自分自身を低く見積もる必要がなくなるからです。

そして月並みに聞こえるかもしれませんが、感謝が最重要。

結局必要なのは

一生一緒にいることを選んでくれた相手への感謝。
結婚をしてくれたということは何があっても一緒にいる覚悟をしたはずなんです。
喧嘩の時に離婚を選択肢の一つにすることは、その決意を軽んじているのと同じで、相手に失礼です。
信頼関係を築くのは本当に難しいですね。
努力をしないといとも簡単に壊れてしまいます。
喧嘩を避ける努力よりも関係を続ける工夫をしていきたいものです。




東京サロン担当チーフアドバイザー 今野 一美

東京サロン担当
チーフアドバイザー
今野 一美

おひとりで進める婚活は時に心細かったり、不安になったりするもの。
そんな時に私たちアドバイザーは皆様のお気持ちを受け止め、前進できるように後押しをします。
ご一緒に結婚を叶えてみませんか?